育毛発毛AGAの現在

AGAの育毛発毛治療とは?

AGAは「Androgenetic Alopecia」を略したものであり、一般に男性型脱毛症のことを指します。AGAとなる要因は多くありますが、各医療機関においては個人の症状に合わせたさまざまな育毛発毛治療が行われています。
代表的なものとして挙げられるのは、内服薬による治療方法です。プロペシアと呼ばれる錠剤タイプの薬は、AGAの原因のひとつでもある5Aリダクターゼのはたらきを抑制するとされています。男性ホルモンによる発毛障害を抑えることで、育毛や発毛に効果があるといわれています。
また、外用薬による治療も効果があります。ロゲインと呼ばれる育毛剤にはミノキシジルという有効成分が含まれていて、これには血行促進作用があるとされています。血行の促進と育毛発毛には深いかかわりがあり、毛乳頭が栄養を蓄えて細胞分裂することによって髪の毛が生まれます。ですから、ミノキシジルの成分によって頭皮の血行が良くなると、毛乳頭に多くの栄養素を与えることができるということで、育毛や発毛に効果があるとされています。AGAは進行性の症状ですから、放置しておくとそれだけ症状が悪化することになります。できるだけ早い治療を心がけることで、育毛や発毛の効果が期待されます。

関連情報